ジャイロ測量は、特に地下空間や与点の存在しない山間地等で真北方向を算出し、
進行方向や補正角の決定を高精度で実現できます。

 ● ジャイロによる測量の特徴/メリット
ジャイロ、測量


弊社ジャイロ測量は、オートジャイロステーションシステムにより真北方位を高精度でしかも
従来に比べ短時間でデーターを取得できます。ジャイロ測量器では、ジャイロスコープの特性と地球の回転運動、重力の相互作用を応用した技術です。ジャイロスコープが持っている方向保持機能に地球上の指北作用機能を加えることにより、常に真北を指向する特性を持ちます。追尾測定や時間測定が不要で、装置本体を北に向ける作業も不要です。ジャイロ測量は、視通・既知点の有無、天候、昼夜の別など、環境条件に左右されず観測が行え、真北からの偏差、目標点の方位角、各種観測データの確認が簡単に行えます。

        総合精度 測定時間
モード1 6" 約10分
モード2 32" 約2分
モード3 16" 約4分

*写真はオートジャイロステーションAGP1
*表はモードによる総合精度と測定時間の比較です。


 ● ジャイロによる測量の主たる用途


ジャイロによるトンネル測量ジャイロ測量の真価を発揮するのは、トンネルシールド掘削工事などに伴う中心線測量、
視通障害がある場合の方向角の取り付け、日影図作成のための真北測定に最適です。
*写真はトンネル内測定近影の様子です。

トンネル・随道・シールド中心線測量
立坑・斜坑の推進方向の決定
シールドマシーン制御
日影計算のための真北測定
相対・絶対座標方位の設定
測量、調査、情報処理、プライバシーコンサルタント、不動産登記等に関するお問合せは お気軽にお問い合わせフォームから
Ground Arch - KANON - 3Dレーザー - クラック計測システム「KUMONOS」 - ジャイロ測量 - VRS・RTK・GPS - GIS
不動産登記 - プライバシーコンサルタント
会社概要 - 業務案内 - お問合せ - プライバシーポリシー - 個人情報保護 - リンク - サイトマップ - HOME
©2002-2005 株式会社 中田測量